当日の打ち合わせ

黄色

見積もりの打ち合わせは、意外と時間のかかるものです。最低でも1時間はかかると考えてよいでしょう。このため、1日で複数の会社の打ち合わせをするためには、こちらから打ち合わせの日時を決めて、かち合わないようにスケジュールの調整をします。
タイミングが合えば、その日の内に複数社から見積もりを出してもらえます。
打ち合わせ当日には、こちらの要望は営業マンにすべて伝えておきます。なぜなら、基本的に当日は、作業者は作業に追われて話をする暇はありません。
また、営業マンも他の打ち合わせが詰まっているので電話が繋がりにくいのです。このため、打ち合わせの前に要望をリストアップしておくとスムーズです。

△比較して、業者を決めます
打ち合わせが終わったら、料金やサービス内容を比較検討して、発注したい業者を決めます。この時注意したいのが、実際に作業に来るのは営業マンではなく、別の作業者であることです。営業マンの印象にとらわれずに決めましょう。
残念ながら発注しない業者には、断りの電話を入れます。電話をしなければ、営業マンからかかってくる場合もありますが、断りを入れる場合は、こちらから電話をするのがマナーといえるでしょう。
このとき、食い下がってくる営業マンもいますが、何が決め手に欠けたのかを伝えればわかってもらえますし、営業マンの今後の参考にもなるでしょう。
\

引越しで必要なこと

模型と間取り

引越しの際に必要なことは大きく分けて2つかあります。
まず1つめが業者の選定です。どこの業者に依頼するかでサービス内容が異なります。
専門の業者もあれば運送業者もあります。
全国展開している業者や近隣の都道府県や同一都道府県の業者もあるのです。
2つめに料金です。
これは引越しの時期や規模、オプションによって決定されます。
見積もりというものが存在しているので、いくらになるのか事前に料金を確認することが可能です。

△見積もりを依頼すること
見積もりを依頼する時にはインターネットのサイトを利用すると便利です。
複数の業者が一度に沢山の見積もりを案内してくれます。
また、業者に訪問してもらうことも可能です。
こちらの方法は前者よりも確実に料金が分かるので、引越しする計画も立てやすいのです。
段ボールを置いていくので早くから作業ができること、アドバイスを直接もらえることなど業者の対応についても見ることができるので、より安心です。
料金を事前に確定させて作業を始めるとやりやすいのです。

△引越しの見積もりを取る手順
引越しが決まったとき、費用はできるだけ安く抑えたいですよね。でも、よい業者を選ばないと、その後の生活にも支障をきたす場合があります。料金もさることながら、よい業者を選択することが重要です。
まず、見積もりを取るタイミングですが、これはなるべく早い段階で行っておくと良いです。可能ならば、引越しすると決めた時に見積もりを検討します。引越しを希望する日から起算して1ヶ月から2週間前がベストです。
この時、業者は1社でなく複数に見積もりを依頼すると、料金の比較ができます。インターネットの一括見積もりを利用するのも便利です。

引越し見積もり

間取り

引越しを希望する人の多くが複数の業者に見積もりをとっています。複数の業者に見積もりをとるとそれぞれの業者のサービスや料金を比較することが出来ますので利用者にとってメリットが大きいということになります。
インターネットなどで荷物や大型家具の数量を入力しておおよその費用を算出する事の出来るサービスや、複数の業者に一括で見積もり依頼を出す事の出来るサイトなどもあります。
このようなインターネットのサービスである程度業者を絞ってから実際に荷物を見せて引越し料金の詳細を算出する場合が多くなります。

△引越しとサービス
引越しは業者によってさまざまなサービスが用意されています。荷物の整理や梱包を業者の手で行うサービス、また廃棄する大型家具などの引き取りサービス、清掃や家電の配線などを業者が行うサービスなどその種類は多岐に渡ります。
また数分から数十分間作業員に自由に作業を依頼する事の出来る場合もあります。引越しに付随する各社のサービスについては電話や専用サイトなどで問い合わせることが出来ますが見積もりにきた営業社員に直接たずねることも出来ます。

△人間が住む場所
私たちは一つのところに住み続けるということはほとんどありません。
何らかの理由で住むところが変わります。
両親の仕事の関係、進学の関係、就職の関係、結婚の関係などがきっかけになって住むところが変わるのです。これを引越しと呼びます。
そもそも人間は常に住むところを変えながら暮らしていました。
まだ人間が狩りをして過ごしていた時代のことです。
当時の人間は獲物を求めて絶えず移動しながら生活していたのです。
それがある時期から同じ場所での生活をするようになりました。